ドライアイ

2017/10/07

 コンタクトのせいでドライアイになるの?

コンタクトのせいで、ドライアイになることがあります。
コンタクトを装着すると目が乾燥しやすいですし、目を傷つけやすいので、ドライアイのリスクが高まります。
そのため、これからコンタクトを使おうと思われている方は、このことを十分に理解した上で購入してください。
また、以下のようなことを意識することで、コンタクトによるドライアイを予防することができます。
・まばたきの回数を意識的に増やす・目薬を使用する・コンタクトレンズのケアをしっかりと行う
まばたきの回数を意識的に増やすことによって、目の乾燥を防ぐことができます。
その際に、コンタクトが外れてしまう場合もあるので、気をつけましょう。
それに、コンタクトの上から使用できる目薬で、ドライアイを防ぐことも可能です。
目薬の中には、コンタクト専用、裸眼専用、コンタクトと裸眼どちらにも使用できるものがありますから、自分に合ったものを選んで使ってみてください。
そして、コンタクトのケアをしっかりと行うというのも非常に重要です。
コンタクトのケアを怠ってしまうと目への負担が大きくなり、ドライアイになってしまう可能性が高くなります。


 ドライアイって何?

目の病気のひとつに、「ドライアイ」というものがあります。
みなさんの中にも、気付いていないだけでドライアイにかかっている人もいるかもしれません。
ドライアイとは涙や粘膜に異常が生じて、角膜が傷ついてしまう目の病気です。
ドライアイの場合、一般的に以下のような症状が現われます。
・目の乾き・眼精疲労・目の痛み・目の充血・目のかゆみ・目がゴロゴロする・目がかすむ・目のかゆみ
ドライアイになると、このような様々な症状が目に現われ、そのまま放置してしまうと症状が悪化し、角膜や結膜に障害を起こす可能性があるので注意しないといけません。
ドライアイにかかっている人はとてもたくさんいるといわれていますが、単なる目の疲れだと思っている人も多く、治療をしていないケースが大半です。
症状が悪化してからだと、なかなか治すのが難しくなるので、目に違和感を覚えた場合は念のために眼科で検査を受けた方が良いかもしれません。
治療が早ければ早いほど、改善する可能性が高くなります。


 ドライアイにいいツボってあるの?

ドライアイの症状を緩和させるツボというのがあります。
目が乾燥して仕方がない、目がかすんで仕事にならないといった悩みを抱えている人は、ツボを刺激して症状を和らげてみてはいかがでしょうか。
ドライアイにいいツボは、以下の通りです。
・清明(せいめい)・天応(てんのう)
清明は両目の目頭にあるツボで、ここを軽く押してください。
この時に、リズミカルに押すというのがポイントです。
天応は眉頭の少し下にあるツボで、両手の親指の腹を使って軽く刺激してください。
あまり力を入れ過ぎると、目を傷つけてしまうので、注意しましょう。
この2つのツボを毎日刺激することによって、ドライアイの症状を改善することができます。
即効性はないので、長期間根気強く続けることが大切です。
そして、ちょっと痛いという力加減で止めておくというのも、重要なポイントになります。
過度に力を入れるのは目に良くないので、適度な力で抑えてください。
また、血行が良い入浴後の方がツボ押しによる効果はアップするといわれています。


 ドライアイにいいメガネってどんなもの?

ドライアイに悩まされている人が多くなったことで、ドライアイにいいメガネというのが販売されるようになってきました。
ドライアイにいいメガネとは保湿効果があるメガネのことで、目の周りに潤いを与えることができます。
メガネのフレームのふちに、保水タンクと呼ばれる水を貯める場所が設けられています。
そのタンクに水を注ぐと、容器内から発生した蒸気によって目の湿度を保てるという訳です。
価格もそれほど高くはなく、普通のメガネと同じくらいの金額で購入することができます。
ドライアイに悩まされている人は、こういった保湿効果があるメガネを持っておくと良いかもしれません。
また、パソコンを長時間使用する人は、画面の光を大幅にカットするメガネを使用するのも良いでしょう。
ドライアイは眼精疲労によっても起こるので、パソコン画面の光には気をつけないといけません。
その光をカットすることができれば、目の疲れを軽減することができ、ドライアイを予防したり、症状を緩和させることができます。


 ドライアイにいい目薬って?

ドライアイを改善するのに、目薬は効果的です。
ただ、どんな目薬を使用してもいいという訳ではありません。
きちんと選ばないと効果が全くなかったり、さらに症状を悪化させてしまう可能性があります。
ドライアイにいい目薬とは、以下のようなものです。
・人工涙液の目薬・ヒアルロン酸配合の目薬・防腐剤が含まれていない目薬
涙の成分に近い人工涙液の目薬は、ドライアイに高い効果を発揮します。
目への負担が軽いですし、スムーズに潤いを与えることができるので、目の乾きを改善したい時に有効です。
ヒアルロン酸配合の目薬もドライアイにおすすめで、角膜や結膜の傷を修復する作用があります。
また、持続時間も長いので、使い勝手が良いです。
そして、防腐剤が含まれていないというのも、大切な条件になります。
防腐剤が含まれていると炎症を起こす恐れがあるので、防腐剤フリーの目薬を購入するようにしましょう。
もし、薬局に行ってどれがいいのか分からないという場合は、薬剤師にドライアイ用の目薬を選んでもらってください。


 ドライアイの原因って?

ドライアイの原因は、以下の通りです。
・まばたきの回数が少ない・空気の乾燥・過度なストレス・生活習慣の乱れ・コンタクトレンズ
まばたきが少ないと涙の分泌量が減ってしまうため、目が乾燥しやすくなり、ドライアイを引き起こします。
特に、パソコンや携帯電話などを見ていると、まばたきの回数が減ってしまうことが多いです。
それに、空気が乾燥すると目も乾いてしまい、ドライアイの発症リスクを高めてしまうので注意しましょう。
また、過度なストレスを受けると涙の分泌量が減少してしまって、ドライアイになります。
ストレスが溜めない生活を心がけることが大事です。
そして、生活習慣の乱れがドライアイを引き起こす可能性があります。
睡眠不足だと目の疲れをそのまま翌日に持ち越すことになるので、注意してください。
コンタクトレンズを使用すると目が乾きやすくなったり、目を傷つけてしまいます。
それが原因でドライアイを発症させるケースがあるので、コンタクトレンズの使用には十分に気をつけてください。
このようなことが原因でドライアイになってしまうため、日頃から目のケアをしっかりと行うようにしましょう。


 ドライアイの治療法にはどんなものがある?

眼科でドライアイを治療する場合、次の2つが主に行われるでしょう。
・点眼による治療・涙点プラグによる治療
ドライアイの治療としてよく使用されるのが、点眼です。
点眼によって目の乾燥を予防したり、目の乾きで起こる炎症を抑制します。
症状が重くない場合には、点眼による治療だけで改善することができるはずです。
症状が重い場合、涙点プラグを使用した治療を行います。
涙点プラグとはシリコン製の栓(プラグ)を涙点に挿入し、涙点を塞ぐという治療法です。
こうすることによって、分泌された涙をそのまま維持でき、目の乾きを防ぐことができます。
ドライアイに対して行われる治療方法は主にこの2つで、残念ながら完全に治す治療方法は未だ見つかっていません。
そのため、ドライアイになった場合は、その症状と一生付き合っていくことになります。
命に関わるような重大な病気ではありませんが、日常生活に支障をきたす可能性もあるので、できる限りならないに越したことはありません。


 自分でできるドライアイ対策ってある?

自分でできるドライアイ対策は、以下の通りです。
・目を休める・十分な睡眠時間を確保する・目薬を使用する・部屋の湿度を保つ・食生活に気をつける
目を酷使する生活を続けているとドライアイになりやすいので、注意しましょう。
適度に目を休めたり、蒸しタオルを目において血行を良くしたり、まばたきの回数を多くするといったことが有効です。
睡眠時間が不十分だと目の疲れを取ることができないので、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。
目の乾燥を防ぐために、目薬を使用するのもおすすめです。
部屋の湿度が低いと目が乾燥しやすいので、一定の湿度を保つようにしましょう。
もし、可能であれば加湿器を置くと効果的です。
食生活が乱れていると目の血行が悪くなったり、目に栄養を与えることができません。
それが原因でドライアイになる可能性も否定できないので、栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。
これらは全て意識すれば簡単にできることですから、ドライアイを予防・改善したい場合は実践してみてください。