嫌い箸とは?

 お箸の使い方のマナー違反のことです。「忌み箸」「禁じ箸」とも呼ばれています。
見た目の汚さ、縁起の悪さ、などを嫌って、そういったもので食事中に不快感を与えないようにするためのマナーです。 日本人なら、お箸とは切っても切れない縁があるはず。お箸を持つ動作も、美しくありたいものです。
というわけで、この知恵ノートでは、「嫌い箸」の数々を紹介したいと思います。 「嫌い箸」には主に2種類あります。①箸の持ち方に関するもの。②箸の使い方に関するもの。 今回は、この②使い方に関する「嫌い箸」を紹介していこうと思います。ちなみに、「嫌い箸」には、それぞれに特徴的な名前が付いています。是非、ご覧下さい。 

①突き箸


料理に、お箸を突き立てること。 刺し箸とも呼ばれます。
お箸でお料理を刺すのは、誰が見ても、不愉快になりますし、
箸も上手に使えないのか、と思われてしまい、かなりカッコ悪いです。気を付けましょう。

②仏箸


お箸をお椀に突き立てること。 仏教では、亡くなった方の枕元に、ご飯をよそったお椀に、お箸を突き立てたものを置くという風習があり、縁起が悪いとされます。
仏教でなくても、日本の風習としてとても縁起が悪いので、決してしないようにしましょう。 

③合わせ箸


箸から箸へ料理を渡すこと。 亡くなった方を火葬した後、遺骨を箸から箸へ渡す習慣があることから、こちらも縁起が悪いとされます。
料理を取るときに、箸と箸がぶつかることも、これに含まれることがあります。 

④叩き箸


お茶碗を箸で叩くこと。 小さなお子さんなんかがよくやることでしょうか。
不愉快になり、食事の雰囲気を悪くします。 

⑤振り箸


箸を振ること。 お箸についた汁物なんかが飛んできたら、酷い迷惑です。
常識程度のマナーです。当然守りましょう。 

⑥指し箸


箸で人を指すこと。 指で人を指すのも、基本的にマナー違反ですから、
お箸でも当然マナー違反です。 

⑦持ち箸


お箸を持った手で、他の器を持ったりすること。 一つ一つの動作は、落ち着いて行いましょう。
ちょっとした事故の防止は大切です。 

⑧受け箸


箸を持ったまま、おかわりをすること。 あまり知られていませんが、これも嫌い箸の一つです。
おかわりをするときも、ちゃんとお箸は置いてから。 

⑨寄せ箸


お箸を使って、お皿を寄せてくること。 有名なものですが、意外とみなさんやってしまっているのではないでしょうか。
お皿を寄せるときは、ちゃんと箸を手元に置いてからにしましょう。 

⑩空箸


一度、お箸をつけたのに、他のものへ移ること。 あまり感じのいいものではありませんね。衛生的な行為とは思えません。
感じも悪いし、見ていて不愉快になります。ここから似たものが続きます。 

⑪移り箸


料理を取ろうとしてたのに、急に違うものに、箸が移ること。 先ほどの空箸とよく似ています。
お箸をつけていなくても、行儀が悪いことですね。 

⑫迷い箸


テーブルの上で、どれを食べようかとお箸をフラフラさせて迷うこと。 
迷っている間、他の人は箸を出して料理を取りにくいという面で単純に迷惑な行為です。 なお、フラフラさせなくてもお箸を持ったままテーブルを見て迷うことも「箸訛り」というマナー違反となります。 見た目も良くありませんし、もし迷ったときは、お茶を飲んだりして考えてから取りましょう。卓上で迷うのは厳禁。
ちなみにですが、食べながら膳を見まわして「次は何を食べようかな~」とするのも、「睨み食い」と言われるマナー違反です。 

⑬せせり箸


お箸で食器などをつつくこと。 焦りやイライラがこうさせるのでしょうか、あまり見たことはありませんが、
周りの人を不愉快にする、迷惑な行為です。 

⑭涙箸


お箸からしずくが垂れること。 奥にある物を、取ってくる時に起こりがちなこと。
料理を取るときは、受け皿にとり、お皿を持って食べるのが正式なマナーです。
箸から何かが垂れるのは、不衛生で心地のいいものではありませんよね。 

⑮探り箸


お箸で汁椀の底をかき回すこと。 中に具が残っていないかの確認のときにされることです。
見た目も悪く、行儀がいいとは決して言えませんね。 

⑯洗い箸


御汁物に箸をつけ、お箸の汚れを取ること。 箸についた納豆のネバネバなんかを、味噌汁に入れて取ったりすることがあるようです。
見てて気持ちのいいものではありませんね。 懐紙があるところでは、懐紙で拭くのがいいですが、そういうケースも少ないですので、
どうしても汚れを落としたいときは、周りに不快感を与えないようにさり気なく汁物を飲んだりするのがいいでしょう。 

⑰ねぶり箸


お箸を舐めて、汚れを落とすこと。 見た目が汚いので、誰が見ても、不愉快な気分にさせられますよね。
先ほどの洗い箸同様、汚れを落としたいときは、さり気なく。 

⑱くわえ箸


お箸を口でくわえること。 言わずもがなです。そもそも喉につっかえる可能性があり危険です。
常識のある方ならまずしないことでしょう。 

⑲かみ箸


お箸を噛むこと。 よく子供がやることですね。
癖になって育ってしまわないよう、ちゃんと大人が注意してやることが重要です。 

⑳かき箸


食器に口を付けて、かきこむこと。 これも、見た目があまりいいとは言えません。
ちゃんと、食べ物から、箸へ。箸から、口へ。
落ち着いた動作を心掛けましょう。 

㉑橋箸


箸休めのとき、器やお皿の上にお箸を置くこと。 箸置きや、テーブルに置きましょう。 

㉒そろえ箸


お箸の先を揃える時、食器に立てて揃えること。 もちろんですが、机にトントンとして、揃えるのもマナー違反です。
音が鳴って不愉快ですし、清潔感も全くない、不衛生な行為です。
揃える時は、両手で揃えましょう。 

㉓すかし箸


魚を食べるとき、上身を食べた後、骨を外さないで、下身を食べること。 骨を外して食べるのがマナーです。 外すときは、手を使っても構いません。
懐紙がある所では、懐紙を使って、
頭を抑え、お箸を骨のしたに滑らせるようにして、骨を取りましょう。 ない時は、素手で構いませんので、汚れたら、おしぼりで拭きましょうね。 

㉔込み箸


口の中に、たくさん料理を頬張ること。 行儀が悪いのでしないでおきましょう。
焦って食べなくても、料理は、逃げません。 

㉕はね箸


嫌いなものを、お箸でよけること。 大人がやると流石に恥ずかしいですね。
好き嫌いは克服しておきましょう。 

㉖重ね箸


一つの料理ばかり食べること。 せっかく色々な料理が出ている場では、
色々な料理を味わっておきたいものです。 

㉗落とし箸


お箸を落とすこと。 小さなお子さんがよくやってしまいますが、大人でも見かけることはあります。
落とさないように、落ち着いた気持ちで食事を楽しみましょう。 

最後に

 日本に住む以上、お箸との関わりは一生切れることのないものだと思います。
マナー違反で恥をかかないよう、ご家庭内での食事から、気を使うことを始めてみてはいかがでしょうか。
 ※アドバイス受付中です。何かあれば何でもアドバイスください。  はし.png