よく走り始める前に、 入念にストレッチしている人を見かける。 軽くアキレス腱を伸ばしたり、 腰を伸ばしたりるするくらいならわかるけど、 地べたに寝転んでやるような本格的なストレッチをする人。 BornToRunの中で、 ストレッチする人としない人の故障率を調べてみると、 なんとストレッチする人のほうが統計的に多かったり。 もともと、あまりストレッチはしないほうだたったけど、 コレを見てからというもの、ますますやらなくなった(笑) 走り始めも、特に押さえて走るようなことをしないで、 いち早く自分のペースに持っていこうとする。 具体的にはうちのマンションが高台にあるので、 下り坂を重力にまかせて落ちていくイメージ。 ストレッチをきっちりやってる人からすれば、 シンジラレナイ! ってレベルだと思うけど、 これが原因で故障したことは一度も無い。 はっきりゆってしまえば、 ストレッチする時間があったら早く走れ!って言いたくなる。 それよりもストレッチしたからという過信から、 無理をして怪我をするというパターンが多いみたいですけどね。 ちなみに走り終えたあともほとんどストレッチやりません。 ただ、日常的に股関節を伸ばしたりとか、 暇なときには足をグーパーして足底筋を鍛えてますけど。 さあ、明日からはストレッチから開放されて、 すぐに駆け出そうってね(笑) ちなみに過去記事でもこのことに触れてるので、 興味ある人は見てみてね〜。 →ウォーミングアップは必要か?