その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。今日はNewニンテンドー3DS関係のニュース。

 

  • 「Newニンテンドー2DS LL」が本日より発売、本体カラーは2種類で価格はそれぞれ14,980円(税抜) | インサイド

  • 「Newニンテンドー3DS」生産終了が明らかに、今後はNew3DS LL/2DS/2DS LLで展開 | インサイド

 

 

www.inside-games.jp

3D機能を排した3DSであるニンテンドー2DSと、ハイスペックな3DSであるNewニンテンドー3DSが合体。その結果、3D機能を排した高機能な3DS「Newニンテンドー2DSLL」が2017年7月13日より発売された。

操作性の向上につながるCスティックやZL・ZRボタンに加えて処理能力が向上した機体である「Newニンテンドー3DS」と、3D画面を取り除いてお手頃価格となった「ニンテンドー2DS」。この2つの機種をいいとこどりした新ハードがついに登場である。

カラーバリエーションは「ブラック×ターコイズ」「ホワイト×オレンジ」の2種類。今後も3DS(2DS)用タイトルは多数発売されるので、もし気に入ったのなら是非ともNewニンテンドー2DSLLを購入してみてほしい。

 

www.inside-games.jp

「Newニンテンドー2DSLL」が発売される中で、また1つの世代交代が行われることとなった。

「Newニンテンドー3DSLL」と共に登場し、着せ替え可能なカバーが大きな魅力として販売されていた「Newニンテンドー3DS」がこの度生産終了することとなった。ハード自体は魅力的だが、やはり世間では大画面が好まれやすかったということだろうか。これによって、現行のハードで3D機能が楽しめるのは「Newニンテンドー3DSLL」のみとなる。

これ以降は用途に合わせて「ニンテンドー2DS」「Newニンテンドー3DSLL」「Newニンテンドー2DSLL」のどれかから選ぶこととなるだろう。自分の求める機能に合わせて、ベストなハード選びを心掛けたい。

折り畳み出来る携帯ゲーム機でかつ小型のボディであるNewニンテンドー3DSを入手できるのは今だけ。欲しい人は早めにゲットしよう。

 

 

本日はここまで。